マクサルトの副作用

机の上の薬

偏頭痛に効果を発揮してくれる優秀な頭痛薬であるマクサルト。愛用している人も多いかと思います。
そんなマクサルトの副作用ですが、主なもので動悸やめまい、吐き気、眠気、倦怠感、体の痛みなどの副作用があります。
また、マクサルトを飲み始めた頃には、胸や喉につかえ感や圧迫感などを感じることもあるようです。
この他にも肩こりなどの副作用もあり、様々な副作用があることがわかりますね。
動悸や胸の違和感などについてはどうしても心配な場合、心電図検査などを受けておけば安心かもしれません。

マクサルトの副作用には重いものもあり、重い副作用だと胸の痛みや違和感、圧迫感、動悸、脈の乱れ、冷や汗などの心臓の異常があります。
アナフィラキシーショックを起こすこともあるので、気持ちが悪くなったり、顔面が蒼白になったり手足の冷えや痺れ、蕁麻疹などの症状が出た場合はすぐに服用するのを中断し、速やかに病院へ行ってください。
この他の重い副作用の他にも、てんかん様発作などが起きることもあるようなので、注意が必要です。
大抵問題ありませんが、海外では不整脈や狭心症の報告もされているという声もあります。
そのため、特に中高年の方がマクサルトを服用するときは注意をしたほうがいいかもしれません。

マクサルトはこのように様々な副作用があり、重い副作用はどれも重篤な内容のものばかりです。
マクサルトを使用していて少しでもおかしいと感じた場合は速やかに病院へ足を運び、かかりつけの医師へ相談するようにしましょう。